効果が出るまでの期間を短縮!アットベリーの効果を高める使い方

アットベリーの効果

どれだけ効果が高い商品でも使い方次第で効果が変わってくることがあります。アットベリーも正しく使っている方はきちんと黒ずみを薄くしていき効果を実感できている方が多いですが、間違った使い方をしている方は効果を実感できていない方も多いです。

使い方によって効果が180度変わることもあるのですね。

効果を最大限に活かす使い方をしていくことができれば、黒ずみケア効果も保湿効果も高まるため、効果が出るまでの期間を短縮することができます。

そこでこの記事では、アットベリーの効果を最大限に活かす使い方について詳しくお伝えしていきたいと思います。

アットベリーの効果的な使い方

ここでご紹介する方法は、私がアットベリーでケアをしていく中で試行錯誤を重ねながら編み出した使い方です。効果が高まることを実感できている使い方ですので、ケアをしているけれどなかなか効果が出ない方はぜひ試してみてください。

ケアは1日2回、清潔な状態の肌に塗り込む

ケアは朝晩の1日2回です。

口コミを見ていると朝のケアをしていない方も多いようなのですが、ケアの回数が少なくなるとそのぶん肌に浸透する成分量が少なくなるため、効果が出るまでに時間がかかってしまいます。

朝のケアは日中に受ける刺激や乾燥などから肌を守る役割もあるため、ケアをしないと刺激や乾燥によってメラニン色素が生成されてしまう原因にもなりますね。

ケアは1分もかからずに終わるので肌の調子が整って黒ずみが薄くなるまでは1日2回のケアを徹底しましょう。

朝のケアは蒸しタオルがおすすめ!

清潔な状態の肌に塗り込むことも効果を引き出すポイントです。夜のケアならお風呂上がりに塗り込むことができますが、朝は必ずお風呂に入れるわけではありませんよね。

そのため、あくまでも私の場合ですが、蒸しタオルを脇に当てて血行を良くし、さらに付着している汚れを拭き取ってから塗り込むようにしています。タオルで軽く拭き取るだけでもいいのですが、蒸しタオルを使ったほうがより浸透力を高めることができますよ。

ちなみに、蒸しタオルは濡らしたタオルを軽く絞って、レンジで30秒~1分ほどチンするだけで簡単に作れます。お使いのレンジによって秒数は変わってくるので、調整しながらちょうどいい温度になる秒数を探してみてください。

1円玉くらいの量をくるくる円を描くように塗り込む

アットベリーの使い方

1回のケアで塗り込む量はだいたい1円玉くらいの量です。

アットベリーは60gと大容量なので、ケチらずにたっぷりと使うことが効果を出すために重要なポイントですよ。

塗り込むときには、指でくるくると円を描くように塗り込んでいきます。円を描くことでマッサージ効果もあるため、血行を促進しながら塗り込むことができますね。その結果、肌により成分が浸透しやすくなります。

塗り込んだ後は手のひらを使ってハンドプレスをする

ハンドプレス

ハンドプレスをやっていない方も多いようなのですが、絶対に取り入れたほうがいいです。塗りっぱなしにしている時とハンドプレスをした時の肌のしっとり感は全然違いますよ。

顔に使う化粧水などでもそうですよね。ハンドプレスをして成分を人肌に温めてあげたほうが浸透しやすくなるので、しっとり感が増します。

イメージとしては、手のひらでパックをするようなイメージですね。

たった数十秒使ってハンドプレスをするだけで使った後の肌質はまるで違うので、いつも塗ったら塗りっぱなしにしている方は騙されたと思って試してみてください。効果が全然違うことを実感できるはずです。

さらに効果を高めたいなら重ね塗りをしよう

さらに効果を高めたい方は重ね塗りをしましょう。重ね塗りをすることで浸透する成分量が多くなるため、効果が出るまでの期間を短縮できる可能性が高まります。

重ね塗りは時間がかかるので毎回するのは難しいかもしれませんが、時間があるときに試すだけでも効果を早めることができますよ。ちなみに私は週に2.3回くらい夜のケアのときに重ね塗りをしていました。

ただ、重ね塗りをするときにはひとつ注意点があり、最初に塗ったぶんが乾いてから2回目を塗る必要があります。というのも、乾いていない状態で塗ってしまうと、肌が溜め込める成分の許容範囲を超えてしまうことがあるからですね。許容範囲を超えると浸透する前に蒸発して無駄になってしまいます。

無駄なく効率的にケアをしていくためにも、乾いてから塗ることを徹底しましょう。