アットベリーは黒ずみが治った後も使い続けたほうがいい?

アットベリーはいつまで使い続ければいいのか?これって黒ずみが解消できた後に悩みがちなポイントですよね。

私もアットベリーで黒ずみが解消できてから結構な時間が経っているのですが、解消できた当初というか、黒ずみが薄くなって効果に満足できた時には結構悩みました。

そして最終的に出した結論が、「今後も継続して使っていく」という答えです。

もちろん黒ずみ解消後も継続していくことを選んだのには理由がありますので、この記事ではその理由についてお伝えしていきたいと思います。

黒ずみが治った後もアットベリーでケアをしていこうと思った理由

アットベリーの黒ずみ解消後の使い方

ケアを続けようと思った理由は2つあります。

ひとつは黒ずみが解消できて肌質がいい状態の脇を維持したかったから。そしてもうひとつはムダ毛をセルフで処理しているため、処理後の肌荒れ対策がしたかったからです。

黒ずみがなく肌質がいい脇を維持したかったから

アットベリーはターンオーバーによって黒ずみの原因であるメラニン色素を排出していき黒ずみを薄くしていく美白クリームなので、黒ずみが解消できたということは、新陳代謝が高まりターンオーバーが正常に働くようになっていることは間違いないです。

でもだからといってケアをやめてしまうと、肌は劣化していく一方。やめたら必ず黒ずみが再発するわけではありませんが、ケアを続けているほうが健康的な肌状態を維持できる可能性は格段に高まりますよね。

そして、脇はメラニン色素が色素沈着しやすい部分でもあるので、市販で販売されているような肌に負担がかかる添加物が配合されているクリームなどを使うのも黒ずみを再発させてしまう原因になります。

アットベリーであれば、低刺激な成分で作られていて、美白ケアと保湿ケア、+αとしてニオイケアを同時におこなっていくことができるので、黒ずみ解消後の再発防止にも向いています

ムダ毛処理の刺激対策ができるから

私は脇のムダ毛処理を自分でおこなっているため、刺激は避けて通れません。刺激が少ない電気シェーバーで処理をしているのですが、定期的に肌に刺激を与えていることに変わりはないので、当然、ケアをやめれてば再び黒ずんでいく可能性はありますよね。

逆を言うと、対策(バリア機能を高めて刺激に強い肌にすること)さえできていれば、ムダ毛処理によって日に日に脇が黒ずんでいく可能性を最小限に抑えることができます

すでに脱毛をしていて処理する必要がないなら関係ありませんが、ムダ毛処理は脇が黒ずむ最大の原因ですので、刺激対策ができているかどうかは今後の黒ずみにもかなり関係してきます。

アットベリーなら、バリア機能を高めて刺激に強い肌を作ることもできるため、ケアを続けていったほうが黒ずみの再発を抑えられますね。

黒ずみ解消後は週に2回くらいの頻度でケア!

カレンダー

とはいっても、アットベリーは安い商品ではないので、黒ずみ解消後は週に2回くらいの頻度に落としています。もちろん理想は頻度を落とさずにケアしていくことだと思うのですが、それだとお金がたくさんかかりますからね…。

あくまでも私の場合ですが、週2のケアでも問題なく綺麗になった脇を維持することができています。

ちなみに、週2のケアなら1個でだいたい3.4ヶ月は使えるため、1ヶ月あたり1000円以下でケアしていくことができますよ。

黒ずみを解消できた後にもケアを続けていくかどうかは個人差があるところだと思いますが、少なくとも私はコストも手間も抑えることができて、なおかつ綺麗な状態の脇を維持できるのならケアを続けていくべきだと考えています。

顔などは毎日ケアしますからね。脇も綺麗な状態を維持するためには継続してケアをしていく必要があると思います。

あくまでも私の意見ですが、ひとつの意見として参考にしていただければ幸いです。