黒ずみの基礎知識

体の内側から黒ずみを改善するために摂取したい食べ物

黒ずみを改善できる食べ物

黒ずみにかぎらず肌トラブルは内側からの改善が根本的な改善につながります。

もちろん、外側からのケアも重要な要素ではありますが、体内環境と肌環境はリンクしていますので、どれだけ入念にケアをしていたとしても生活習慣が荒れていたり食生活が乱れていたりすると改善できるまでのスピードは遅くなってしまいますね。

そのため食生活を見直して、黒ずみに効果的な食べ物を摂取していくことで期間を短縮できる可能性もあり、さらに長期的に見ても肌トラブルに悩まない肌環境になっていくことができます。

この記事では、黒ずみ改善に期待ができる栄養素と食べ物をまとめましたので、食生活が乱れている方はぜひこの機会に食生活の見直しをしてみてください。

ビタミンC

ビタミンCには「還元作用」という作用があり、酸化してしまった細胞を酸化する前の状態に戻す効果があります。この作用によってできてしまった黒ずみを薄くする効果があるため、ビタミンCは美白の定番の栄養素として有名ですね。

ただし、ビタミンCは安定性が悪い性質がありますので、熱を加えたり、過度に水洗いをすることで体内に吸収される前に壊れてしまうことがあります。また、かりにお肌に直接ビタミンCを塗ったとしても浸透力が弱いので、あまり効果には期待ができません。

そのため、ビタミンCを食べ物から摂り入れる場合には、生での摂取が基本です。加熱調理などは避けるべきなのですね。

ちなみにビタミンCのデメリットである、安定性が悪いことや浸透力が悪いことを改善するために人工改良を加えたビタミンC誘導体という成分も美白効果がある成分として知られています。

そのくらいビタミンCは美白効果がある成分としてポピュラーな成分でもあるので、黒ずみ改善のために体内環境を整えていきたい場合には積極的に摂り入れていきたい栄養素ですね♪

ビタミンCが豊富に含まれている食べ物

大根、キャベツ、パプリカ、ブロッコリー、カリフラワー、れんこん、イチゴ、レモンなど

一日の目安摂取量

100mg

ビタミンE

ビタミンEにはお肌の新陳代謝を高めてターンオーバーを促進する効果があります。ターンオーバーが促進されると色素沈着しているメラニンを排出していくことができるので、黒ずみを改善していけるだけでなく肌環境そのものを整えていくことができます。

黒ずみを改善するためにターンオーバーを正常に働かせて肌環境を整えていくことは必須事項ですので、ビタミンCと同様に積極的に摂り入れていきたい栄養素ですね!

また、ビタミンEは若返り効果がある栄養素としても有名なので、加齢によるシミやくすみなどにも効果的です。

ビタミンEが豊富に含まれている食べ物

アーモンド、落花生、カボチャ、ホウレンソウ、アボカド、オリーブオイルなど

一日の目安摂取量

6㎎

たんぱく質

たんぱく質は5大栄養素(たんぱく質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル)にも含まれているとても大切な栄養素です。

以前は、とにかく食事制限をして摂取カロリーを抑えることがダイエットという認識もありましたが、最近ではただ痩せるだけでなく健康的に痩せていくことにも注目が集まっていますので、「低カロリー高たんぱく」という言葉もよく耳にするようになりましたね。

たんぱく質は皮膚や髪の毛を作る材料にもなっているため、不足するとお肌にハリツヤがなくなったり髪の毛にコシがなくなったりします。

ダイエットをしている方は特に不足しがちな栄養素ですので、カロリーを抑えている方も高たんぱくを意識した食事を心がけるといいですね!

たんぱく質が豊富に含まれている食べ物

鶏肉、豚肉、牛肉、卵、チーズ、大豆、小麦、納豆など

一日の目安摂取量

65g

鉄分

鉄分は直接的な美白効果があるわけではありませんが、血液の元になる栄養素です。

血液は皮膚に栄養素を届けたり体に必要がない老廃物の排出をサポートする役割がありますので、鉄分をしっかりと摂っていくことで結果的に肌環境の向上にもつながってきます。

また、女性は月経の影響で鉄分不足になりやすいので日頃の食事から摂取していくことが大切です。貧血も女性特有の悩みだったりしますよね。

鉄分を意識した食事を心がけることで血中の栄養素をきちんと肌細胞に届けることができるようになりますので、貧血などの鉄分不足を感じている方は摂り入れていきましょう。

鉄分が豊富に含まれている食べ物

レバー、牛肉、カツオ、サケ、あさり、牡蠣、ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、わかめなど

一日の目安摂取量

10.5mg

簡単に作れる美白レシピ動画

黒ずみを悪化させない!肌に優しい脇のムダ毛処理の仕方

脇のムダ毛処理

ムダ毛処理は女性にとっての永遠の悩みのひとつでもありますよね。

できれば綺麗さっぱり脱毛がしたいけど、高額な脱毛サロンに行くのは気が引けるし時間もかかるし…。そういったことから脇毛を自己処理している方も多いかと思います。

しかし、間違った自己処理は肌を傷つけて黒ずみの原因になることがあるんです。特に脇は頻繁に処理をする部位ですし、デリケートゾーンなどと比べると皮膚は分厚いですが、色素沈着が起きやすいです。

そこでこの記事では、脇の黒ずみを悪化させない肌に優しいムダ毛処理の仕方についてまとめました!

色素沈着とは?

そもそもどうしてムダ毛処理で脇が黒ずむ?

色素沈着

肌は刺激を受けると刺激から肌細胞を守るためにメラニン色素という色素を生成します。メラニン色素はメラノサイトという色素細胞で作られるのですが、メラニン色素には肌細胞を守る代わりに肌を黒くする作用もあります。

ちなみに、日焼けで肌が黒くなるもの紫外線から肌細胞を守るためにメラニン色素が過剰に生成されるからなんですよ。

そして本来であれば、肌細胞を守るために生成されたメラニン色素はターンオーバー(肌の生まれ変わり)によって、皮膚から自然と剥がれ落ちていきます。日に焼けた肌が秋ごろになると元通りの肌色に戻るのはターンオーバーでメラニン色素が排出されていくからですね。

一般的にターンオーバーの周期は28日ほどと言われているため、おおよそ1ヶ月ほどかけて生成されたメラニン色素が剥がれ落ちていきます。

しかし、冒頭にも書きましたように脇のムダ毛処理は頻繁におこなうことが多いため、処理をするたびにメラニン色素が生成されて一度のターンオーバーでは排出しきれないほど皮膚に溜まってしまいます。

さらにブラジャーの紐や衣服との摩擦などによっても日々刺激を受けるため、そもそも脇は過剰にメラニン色素が生成されやすい部位なのですね。

ターンオーバーでの排出が追いつかなくなると、メラニン色素が皮膚に溜まったままになり色素細胞が起きてしまいます。そしてそれが黒ずみとなって現れます。

カミソリでの処理は肌に必要な皮脂まで”削ぎ落とす”ことに…

カミソリ

カミソリで処理をしている方も多いかと思いますが、カミソリでの処理は本来は肌に必要だったはずの皮脂や角質までも削ぎ落とすことになってしまいます。

どれだけ丁寧に処理をしていても、どれだけたっぷりとクリームなどを塗ってから処理をしていても、「刃物」でケアをする以上、ムダ毛のみを剃ることはできません。

すると肌が乾燥しバリア機能が低下することになるため、より刺激に反応しやすくなりメラニン色素が生成されやすい肌環境になっていきます。

毛抜は絶対にNG!

毛抜

じゃあピンポイントでムダ毛処理ができる毛抜ならいいのかというとそうではありません。

毛抜で処理をすることで肌に必要な皮脂などは保ったまま処理ができますが、肌へのダメージがかなり大きくより黒ずみやすいです。また、埋没毛など黒いブツブツがある脇になってしまう可能性もありますね。

さらに毛を抜くことでアポクリン汗腺が刺激されて汗の分泌が活発になり、脇のニオイが濃く強くなることもあります。

毛抜での処理は百害あって一利なしなので絶対にやめましょう。

自己処理のおすすめは除毛クリーム!

脇のムダ毛処理

ここまでを見てもわかるように、脇だけでなくムダ毛処理は「とにかく刺激を最小限に抑えること」が重要です。

除毛クリームなら肌への負担を最小限に抑えて、なおかつ塗るだけでサクッとムダ毛処理ができてしまうので一石二鳥です。また、カミソリでの処理のように剃り残しや埋没毛の危険性もないので安心してお出かけができるようになりますね。

ドラッグストアやドンキホーテなどで安価で手に入れることができるのも嬉しいポイント!

1本持っておくと急な予定が入った時にもちゃちゃっと肌に負担をかけずにムダ毛処理ができるので、とても便利ですよ♪

除毛クリームに抵抗がある場合は電気シェーバーを使おう!

最近の除毛クリームは肌に優しい成分で作られているものがほとんどなのですが、中には抵抗がある方もいると思います。

そういった場合は電気シェーバーがおすすめですよ。

カミソリや毛抜よりも自動でムダ毛を沿ってくれる電気シェーバーのほうが肌への負担が少ないからです。

ただし、使い込むと刃が荒れて肌への刺激が強まってくるため、定期的に買い換えるか刃を交換するようにしてくださいね!

ムダ毛処理後の保湿や炎症ケアも忘れずに!

脇の保湿

ムダ毛処理をした後は保湿や肌荒れを防ぐための炎症ケアも忘れずにおこなうようにしましょう。

これができているかどうかで黒ずみが解消できるスピードは劇的に変わります

アットベリーの効果【使って発覚!口コミでは分からない長所と短所】」でも画像つきでレビューをしていますが、私はアットベリーという黒ずみ解消から保湿まで1個でできる脇専用の美白ジェルを使ってケアをしています。

顔用の乳液やボディクリームなどを使って保湿する場合には、アルコールや合成香料など肌に刺激を与える成分が含まれていることも多いので注意しましょう。

脇は黒ずみやすい部位だからこそ、配合されている成分にもこだわってケアすることが大切ですよ♪

肌が黒ずむ原因「色素沈着」について詳しく解説!

色素沈着は黒ずみの原因になるかなり厄介な肌トラブルです。黒ずみだけでなくくすみや肝斑なども色素沈着が原因になっていることがほとんどです。

さらに、色素沈着による黒ずみなどは解消するまでに時間がかかり、すぐに元通りに改善することが難しいです。

そんな色素沈着ですが、一体どのようにして起きるのかご存知でしょうか?

この記事ではまさに肌の天敵とも言える色素沈着が起きる原因について整理してまとめましたので、参考にされてみてください。

どうして色素沈着が起きる?

肌に刺激を受けるとメラニン色素が作られる

色素沈着が起きる第一段階が「メラニン色素の生成」です。

メラニン色素は肌に刺激を受けると作られる色素で、剃毛などによる摩擦、乾燥によるバリア機能の低下、紫外線などで生成されます。脇は比較的皮膚が厚い部位ですが、頻繁にムダ毛処理をする部位ですし衣服との摩擦も起きやすい部位なので黒ずみやすいのですね。

脇以外にも、皮膚が薄いバストトップやデリケートゾーン、カサつきやすいひじやひざなどもメラニン色素が生成されやすく黒ずみやすい部位です。

日焼けをして肌が黒くなるのも、紫外線から肌細胞を守るためにメラニン色素が過剰に生成されるためですね。

古くなったメラニン色素はターンオーバーで排出される

ターンオーバー

しかし、日焼けをして黒くなった肌も秋頃になると次第に元々の肌色に戻ってきますよね。これは「ターンオーバー」といって皮膚に溜まっている古い角質などと一緒にメラニン色素が垢として皮膚の外に押し出されていくためです。

刺激によって発生したメラニン色素も同様で、時間が経てばターンオーバーで自然と剥がれ落ちていきます。

一般的にターンオーバーの周期は30日前後と言われていますが、あくまでもこの周期は健康的な肌の場合。最長で60日ほどまで遅れることもあり、黒ずみが起きている場合のほとんどはターンオーバーが遅れている可能性が高いです。

ターンオーバーが遅れるとメラニン色素が排出できず色素沈着が起きる

色素沈着

ターンオーバーが遅れると皮膚に溜まっているメラニン色素を排出していくことができなくなりますよね。本来は自然と剥がれ落ちていくはずだったメラニン色素が、まだ肌に溜まっている状態ということになります。

これが色素沈着です。

「メラニン色素が肌細胞を守るために生成される」→「肌細胞を守る代わりに肌が黒くなる」→「役目を終えたメラニン色素がターンオーバーで排出される」という流れが通常ですが、ターンオーバーが遅れることによってメラニン色素が沈着してしまうのですね。

また、ターンオーバーが遅れていなかったとしても色素沈着が起きることもあります。

それは、メラニン色素が過剰に生成された場合です。過剰に生成されることで一度のターンオーバーで排出しきることができなくなるので、メラニン色素が皮膚に残ったままになってしまいます。

虫刺されなどを掻いて肌が黒ずむのも過剰にメラニン色素が生成されるためです。

色素沈着を解消するためにはケアが必須!

脇の美白ケア

上記のように色素沈着は「ターンオーバーの遅れ」もしくは「過剰なメラニン色素の生成」のいずれか、その両方が原因で起こります。

そして、ターンオーバーは日々のストレスや加齢、ホルモンバランス、生活習慣の乱れなどたくさんのことが原因で遅れていくため、日頃からケアをしていくことが黒ずみ解消のカギを握っています。

専用の美白クリームなどでターンオーバーを促進して色素沈着しているメラニン色素を排出していく必要があるのですね。さらに保湿ケアも同時にできるクリームなら乾燥を防ぎ肌のバリア機能も高めることができるため一石二鳥です。

ある日突然、肌の新陳代謝が高まり黒ずみがみるみる薄くなっていくことはないので、1日でも早くケアを始めることが黒ずみを最短で解消するためにはとても重要なことなのです。

アットベリーの効果【使って発覚!口コミでは分からない長所と短所】」では、脇の黒ずみケアとして人気が高いアットベリーの効果をレビューしています。参考にされてみてください。